2008年10月18日

ディストーション その2

昨日もまた、秋葉へ行ってしまった。
作りたいものはどんどん増えていく。
しかしお金がない。
給料日後の贅沢デーさ。
次回は給料前、お金が残っていたら。

計画を立てて、ワクワクして、待ちに待つ。
限界があるのは、幸せなことだ。


前回の続きから。
部品で足りなかったのは1点のみだったので、サクっと。
苦手な配線も、少しずつうまくなっている…と思う。

完成!
20081018_01

見た目はまだまだだな〜。
つか、デジカメ欲しいな〜。

肝心の音は…、一発で出たぜ!
しっかり歪んでやがる!

エスカレーターの触りを弾いてみた。
ライン録音なので、ばっちいけど。


実用レベルかどうかは、アンプを通してみないとね〜。
うふふ、明日スタジオなので、時間があったら試す!
posted by かめ at 15:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

オーバードライブ その1

結局、欲望に負けたよ〜。
このオーバードライブは、教科書一冊目の中で、一番複雑な回路。
わくわくするね!

ほら、ごらんなさい、この基板!
20081013_01

美し過ぎる…。


パーツを載せると…
20081013_02

かわいい…。


フォーリンラブ気味です。

これもパーツが2つほど足りないので、今作れるのはここまで。
続きを作れるのはいつになるかなー。
posted by かめ at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ディストーション その1

はい〜、本日も制作デー。
教科書通りの順番で、ディストーションの製作に入った。

まず、ケース加工。
これがねー、FUZZとまったく同じ穴配置だったの。
2つのツマミがついているタイプで、
使い回そうと思えばできるんだけど、今回は配線を外すのが怖くて断念。

配線の工夫をして、簡単に入れ替えられるようにはできないものか。
ケースは一番高いパーツでもあるし、加工も大変だし。
ちょっと考えてみよう。


ケース加工のあとは、お楽しみ!基板にパーツを載せましょう!
使用前の基板はこんなん。
20081012_01

若干切れてるとこがあったり、レジストペンの黒が残ってたりするけど、
それなりに美しいでしょ?

パーツを載せた感じ。
20081012_02

しかし、この時点でショッキングな出来事が。
コンデンサのひとつに、お買い物ミス。
作れないではないか!

ディストーションの次に作ろうと思っていたオーバードライブも、
パーツがひとつ足りません。

ええ、本日はこれにて終了!
明日も暇になっちゃった!

まあ、あるパーツだけつけておく、って方法はあるんだけどね。
そしたら、作った基板8つ分、楽しめる。
でもねー、エフェクター製作で一番楽しいのが、この部分なんだよねー。
それを先にやっちゃったら、飽きちゃうんじゃないか?と。
ずっとケース加工!は死ぬぞ。

明日やっぱりうずうずするようだったら、ちょっと手を出しちゃうかも。
ちょっとだけだぞ、ほんとに!
posted by かめ at 20:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燃えろ!基板制作

はい、連投。

まだ2つしか作ってないのに。
本当にはまるか、わからないのに。
この前のお買い物時、ちゃっかり基板制作用のあれこれを買っていたおいら。
感光基板の制作キットとか、ライトとか。

どうしよ、来月には飽きてたら。
楽しいね。


感光基板制作の手順はこう。
1.パターンフィルムの作成
2.感光基板にパターンを焼き付ける(露光)
3.現像
4.エッチング
5.仕上げ


これからその模様を書いていくんだけど、
ちゃんと写真を残しておこうと思ったのに、テンパって撮り忘れ多数。
ちゃんと言葉で説明できるか、不安だ。


1.は参考書に付いてたのを使ったので、今回はなし。
ただ、このフィルムがついてるの忘れててさ〜、
PCでお絵描きしたり、印刷の準備したりしてたんだよ。
次に活かせるからいいけど、2時間くらいロスした…。

ってことで、本日は2.からスタート。
1.のフィルムを適当な大きさに切って、基板に貼り付ける。
この段階での基板の色は、深い青緑。

んで、買ったライトを使って露光。
パターン以外のところの色が、茶色っぽくなったら終了、みたい。
今日は6分くらい。

続いて、3.現像。
現像液をぬるま湯に溶かして、基板を入れる。
すぐに青っぽい感光剤が溶け出してきた。
1分足らずで終了、やっと写真をアップできるぞ。

20081011_04

余白がもったいないので、2枚の感光基板を使って、
まだ作っていない全部のパターンを焼いた。
現像液は3枚分くらい使えるみたいだが、
ケチなおいらは、もう少し試してみる予定。
ちょうどいいサイズのペットボトルに入れて、保存しておく。
ちなみに、捨てるときは、酢で中和して捨てるとのこと。

さて、次が問題の4.エッチング。
言葉だけは何度か出てきた、憎きアイツだ。
やってみたら、そんなに憎くなかったけどね〜。

エッチング液に基板を浸すと、銅箔が溶けていく。
パターンが描かれた部分は保護されてるので、そこだけ残るって寸法だ。
説明書の目安では10分となっていたが、15分くらいかかったかな?
これも写真がない…。

ちなみに、エッチング液も使い回せるらしいんで、元のボトルに入れて保存。
捨てるときは有害物質なので、ちゃんと処理をして捨てなきゃいけない。


さて、制作の続きだけど、この時点で問題が出た。
左上と右上、パターン以外の部分に銅箔が残ってしまった。
露光のとき、ちゃんと全体を露光しなきゃいけないのだが、
上の方だけ漏れていたのかもしれない。
あと、指紋もダメらしいので、テープで留めるときに触っちゃったとか。
参ったな、最初に作りたいの、まさに左上なんだけど…。

最悪後回しってことも考え、とりあえず次の作業に進んでみる。
5.仕上げっすね。
まず、パターンの上に残っている感光剤を落とす作業。
説明書には、こすって落とすって書いてあったんだけど、
ネットでいい方法を見つけた。

エッチング済みの基板をもう一度露光&現像。
これだけ。

考えてみれば、当然だよなあ。
何で説明書は力技なんだろ…。

ともかく、仕上がりはこんなん。
20081011_05

ね、左上と右上、やたら銅々としてるでしょ。
カッターで削ろうとしてみたんだけど、うまくいかず。
必要な部分も削っちゃいそうなんだもん。

でもね、さすがおいら、ピカーンと閃いた!
キットにはレジストペンというペンが入っている。
これもエッチング用の道具なのだ。
必要な部分をこれでなぞって、もう一度エッチングすればいい。

正解だった!
がー、また写真がないっ。
でも今撮るのは面倒なのでやらないっ。
その基板でエフェクターを作り始めたら、アップするよ、きっと。

そのあとは、基板を個々にカットと、
次とその次に作る予定の基板の穴空け。
この作業だけで、3,4時間かかった。

基板のカットはアクリルカッターで。
切れ味が鋭いので恐る恐る、何往復もしてカット。
電動のこ欲しいけど…、ワンルームじゃ無理だ。

穴空けは、ケース加工ほどの力はいらないものの、数が多い。
しかも0.8mmと小さな穴のため、ズレないように気をつけなきゃいけない。
慣れてきたら、テレビ見ながらでも、
そろそろ貫通だなって分かるようになったけど。

最後にフラックスかけをして、本日は終了〜。
これは、銅箔が酸化しないよう、保護するためらしいよ。

初の感光基板制作にしては、うまくいったんじゃないでしょうか。
失敗もあったけど、最終的にはうまくいったし。
実際にパーツを実装するときに、間違いを発見しちゃうかもだけどね〜。

とりあえず、教科書に載っている分は、今日作ったので事足りる。
次に基板を作るのは、本を卒業して、製品のコピーを始めるころかな?製品…何を作ろう?
夢が広がってくよ!

基板制作は、ある程度まとめてやった方が効率がいいので、
夢も多い方がいいみたいだ。
市販エフェクターの勉強もせねば!

とりあえず明日は、ディストーションかオーバードライブ、
どっちか、どっちも!?作ります。
posted by かめ at 04:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブースターその2

やって参りました、三連休!
予定どおり、引きこもってますよ〜。

昼ごろから、制作開始。
基板にパーツを乗っけて。
20081011_01

はんだ乗せすぎかな…。
20081011_02

配線。
20081011_03


前回よりは、多少手際も良くなった!
さっそくギターを繋いでみた。
エフェクタOFF時、普通に音が出るのを確認。
エフェクタをONにして、LED点灯。
しかし、音が出ない。

前回と違い、ゲインはちゃんと上げてあるのに。
ってことで、今一度基板と配線チェック。
基板の方に、繋がってないところがありました。
すぐ見つかって良かった〜。

(正しい基板は写真撮り忘れ)

で、もう一度ギターにつなぐ、スイッチを入れる。
音出た〜〜!
けど、小さい…。
ブーストかけたら、小さくなるよ!

んーー、原因は分かりません。
基板や配線は、合ってると思うんだけど…。
ちゃんとしたアンプに繋いだら違うのかも。だといいな〜。

今日出来ることはなさそうだったので、保留。
くそう、これじゃ不完全燃焼だ!

じゃ、燃焼しようじゃない。

つづく。
posted by かめ at 01:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ブースターその1

おいらの給料日は15日なのね。
で、その前後になると、部品を買えるの。
給料後はそら、お金あるから、普通に。
給料前は、それまで節約した分を散財できるって寸法だ。

貯金?
はっ、人生、プラマイゼロだ!


節約期間中は、エクセルで作ったリストとにらめっこ。
秋葉の店舗価格や在庫を調べ、ないものは通販。
通販もいくつかのサイトを見比べる。
価格に開きがある場合があるので、
複数店舗で送料が多くかかってしまっても、総合的には安くなったりするのだ。

ほぼ毎日このリストを更新してたぜ。
何なんだ、この情熱は。
ギターはFUZZの音出し以外、一度も触ってないのに。

んで、この前の日曜日に、通販分を購入。
昨日、秋葉(初めて一人で行った!)で店頭分購入。
通販分、本日到着(残りは明日以降到着予定)。
うまく三連休前に届いてくれた!
これで丸々引き籠れるかも!

でも、部品を見てたらうずうずしちゃって…、ちょっと作っちゃった。
外だけだけどね!
穴空け、慣れてもしんどいよお…。
2008100801

基板は教科書には、生基板をエッチングとなってるんだけど、
前回同様、パーツの足でちまちま配線していこうと思う。
で、前回はどこに何をつけるか混乱したので、パターンを描いてみた。
2008100802

このあと、スイッチとかジャックとかの部品の仮留めをし、本日はここまで。
つか、連休前にあんまり作っちゃダメだ!

曲書こう。
posted by かめ at 23:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

FUZZ完成

つか、第三歩の時点で、出来ていた模様…。

今日、バラして間違い探しをしてたんだけど、大丈夫そう。
ってことで、もう一回音を出してみたら、出るじゃない!

実は…、エフェクターの方のボリュームを上げていなかったという、
初歩的すぎるミス。
ぐう。

ただ、音の良し悪しまでは、まだ語れない。
我が家にはアンプがないので、ヘッドホンで聞いただけなのだ。
どのみちスタジオに入らないと、使えるレベルかは分からないかな。

ともかく、第一弾が完成して嬉しいっす!
早く第二弾を作りたいなあ。

本の通りに作るとすれば、次はブースター。
基板制作にエッチングが出てくるのだが、挑戦するか、悩み中。
図を見る限り、足で配線できそうな気もするんだけど、どうしようかな。
しばらく悩みます。

マニ京で使えそうなエフェクターを、いつか作ってやる!
posted by かめ at 20:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

第三歩

昨日穴を広げる道具を買って来たので、配線をし直したぞ!

080925_003

裏返して、スイッチオン!
080925_002

点いたよ、嬉しいよ!

しかし。
音は鳴りませんでした、ちゃんちゃん。
また配線を外して、最初から見直さねばならんかの〜。
posted by かめ at 22:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

第二歩

昨日の続き。

まず、穴空けに失敗があったの…。

一つ目は、LEDの穴。
参考書に載っていた大きさに合わせて穴を空けたんだけど、
これはLED用の台座を使った場合の大きさとのこと。
LEDを直付けする場合は、もうちょっと小さくて済むのだ。
ちゃんとパーツを当てて、様子見すべきだった。

二つ目は、DCジャックの穴。
DCジャックをつけるにはちょっと小さいのだが、
ケチって小さいリーマーを買ったため、これ以上大きくできない…。

穴が大きすぎたり、小さすぎたり。
まあ、致命的なミスではないのが救いだ。
ただ、どちらも直すのに必要なものがあるので、
次の買い出しまで待たねばならん。
うずうず。


中身を作るのにも多少の制約が出てしまうが、
基板にパーツを載せるところまでは普通にできるので、やってみた。

ケースに実装すると、こんな感じ。
080920_062

アップの写真を撮りたかったんだけど、携帯だとボケちゃう。
裏の、パーツの足で配線したの、見せたかったのに。
キットはプリント基板だったから、初めてやったの。
大変だった〜。

後で思ったのは、ペンで配線図を描いておけば良かったな、と。
その方が、作り易いし、確認し易い。
ま、しっかり本と見比べたので、大丈夫だとは思うけど…。

基板が完成した後は、仮配線もやってみる。
が、もっとパニック…。
一応最後まで作ってみたんだけどさ、LEDつかないの。
どこが間違ってるのか…、不貞腐れて片付けてやった!

しかし、片付けたあとで気づく。
ジャックにプラグ、差してなかったぞー。
そら、つかないわ。
でも、仮配線部分、外しちゃったぞー。
そら、面倒だわ。

でも部品をゲットしてからじゃないと、ちゃんと配線できないし…。
でも休日に、混雑する街には行きたくないし…。
でも仮配線は、また外すと思うと悔しいし…。

頭の中は、じゃんけんみたいになってます。
まっ、作ること自体はやっぱり面白いので、
いつになるか分からないけど、続くのは間違いない!

だから、

つづく。
posted by かめ at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一歩

自作シリーズ復活!
つか、更新そのもののペースが遅くて、復活も何もないような…。
それは気のせい。

ちょっとまとめますよ。
まず、ハンダ付けなどを思い出すために、キットで練習。
自作自演その1ですな。

次に、スタジオ報告で少し触れた、シールド製作。
前回のライブで地味にデビュー。

ここまでが約一ヶ月前のお話。
ま、大して何もやってないんだけども、
その間、飽きて放置していたわけじゃないのだ。
とりあえずの目標、エフェクター自作のための準備をしていたのだ。

エフェクターを作るとなると、いろいろ必要なものがある。
特に今回は最初ということで、基本工具から揃えなきゃならなかった。
電子部品も、勉強しつつなもんだから、
エクセルでリストを作って、あーだこーだ。
(あーだこーだの詳細を知りたい方は、ご一報ください。)

その上、毎度おなじみ、金がない!
出来るだけ安く、出来るだけいいものを求めるのは当然のこと。
ネットショップを見比べ、時には実際に足を運び、ちょこちょこ買い足しつつ、
来るべき給料日を待ったのでした。

その給料日が、先週の金曜日。
早速秋葉へ行って、部品や工具を購入。
ついでに道も覚えて、一人で行けるようになった…たぶん。
秋葉で見つけられなかったものは、通販で購入し、さっきそれが届きました!

やっと今日の話ができるぜ!
もうちょい更新してりゃ、時系列やらなくていいのになっ。

全部じゃないけど、部品はこんな感じ。
080919_059

今日作ったのはここまで…。
080919_060

はい、ケースの穴空けだけで、力尽きた…。
ケチってハンドドリルを買ったんだけど、
今後本当にいろいろ作るなら、電動の方がいいかも。
非力な女の子ですから。

あ、何を作ろうとしてるか、っていうと、
誰でも作れるギター・エフェクターって本を参考に、
エフェクター制作の基礎を勉強するのだ。
最初はJH FUZZってやつを作るぜ!

しかし、この本、2004年に出てるんだなぁ…。
バンドをやってなかった暗黒時代だから、
興味はあったけど、手が出せなかったんだよね。

今マニ京は存在してるような、してないような、微妙な感じだけども、
ゼロではない気がするので、思う存分作ってやるんだ!
飽きるまで、ね。

おいら、飽きっぽいのが心配。
でもさすがに明日は、続きを作ると思う。
ので。

つづく。
posted by かめ at 02:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

自作自演

みんなそうでしょ?
演じすぎて、本当の自分なんて、どこにもいなくなっちゃったんでしょ?

って、今日はそういうお話ではありません。
つか、ただの「自作」っす。
何年か前から、流行ってるっぽいですね、エフェクターの自作。
何年か前から、お金がなかったので、目をそらし続けてましたが。

今度、久々に長期で働くことになったので、
ちょっとくらい贅沢してもいいぞと、悪魔がささやいたってわけです。
ほかに揃えるべき機材があるだろってささやきは、聞こえません。


しかし、かめのくせに、そんな機械いじりができるのか?
実は大学のゼミで、電子工学をかじったんす。
自分でも意外だ。
ま、キットでおもちゃ作って遊んでた、ってのが本当のところですけど。

ハンダ使ったことがあるってだけで、女ではレアなんじゃないかな?
うちらの時代は、技術家庭は完璧男女分かれてたし。
たった1学期しか受けれなかった技術、学年1位だったけどなっ。
家庭科は、人には見せれない成績だったのに…。

ま、いいや。
ともかく、ハンダごてをカオス部屋から掘り起こしました。
ほこりだらけ…。
拭いて、コンセントにつないでみたら、
最初は結構ファンキーな匂いを出してましたけど、熱は十分。
ハンダもとりあえずの量はある。
ニッパーとかラジオペンチとか、ちゃんとしたの持ってたのかよ!
ここ10年、百均で何度も購入したのに…。

と、楽しい発掘作業。
ただ、テスターは見つかりませんでした。
これもゼミで作ったはずなんだけどなぁ。
買うと結構高いから、掘り起こしたいのだけど。
ま、本当に作るぜって段階になったら、
他にも必要な工具があるし、まとめて買っちゃえばいいや。


んで、いきなりエフェクター自作とはなりません。
10年ぶりのハンダづけには、さすがに不安があるし。
回路の知識なんて、忘れたのか、最初からなかったのか。

ってことで、おもちゃのキットで練習しました!

kit01.jpg

水曜に作ったのかな、確か。
電子オルゴールですね、一発で音が出ましたよ!
ハンダづけはムラがあるものの、ブランクが長い割には、いい感じ?

しかし、楽しかったなぁ。
冷房が壊れた部屋ではかなり苦痛なはずの作業ですけど、
時間も忘れて作ってましたよ。
もうちょっと色んなキットを作ってみて(練習半分趣味半分)、
次の段階に進むことにしました。

次の段階、とは。

長くなったので、また今度。
posted by かめ at 00:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 自作自演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。